MENU

美容コラム記事一覧

スキンケアと言いましても、皮膚の一部分となっている表皮とその中を構成している角質層部分までにしか効果はないのですが、この必要不可欠な角質層は、酸素の通過も遮断するほど堅固な層になっていると教えてもらいました。四六時中スキンケアを一所懸命やっていても、肌の悩みが解消されることは皆無です。こういう悩みって、どんな人にもあるのでしょうか?他の女性はどのような内容で辛い思いをしているのか知りたいと思います...

ひと昔前の話しですが、シート状の毛穴パックに注目が集まったことがあったのですが、覚えていますか?旅行などに行くと、みんなで毛穴に埋まっていた角栓を見せ合って、ガヤガヤ騒いだことがあります。スキンケアでは、水分補給が肝心だと思います。化粧水をどのように利用して保湿を継続させるかで、肌の状態に加えてメイクのノリも驚くほど違ってきますから、進んで化粧水を利用したほうが良いと思います。生まれた時から、肌に...

しわが目を取り囲むように発生しやすいのは、その皮膚が薄いからです。頬部分の皮膚の厚さと比べてみますと、目の下または目尻は2分の1、まぶたは3分の1と極薄なのです。ほうれい線もしくはしわは、年齢を隠し切れません。「実際の年齢より老けて見えるか否か」というのは、このほうれい線としわがどのような状態かで判断を下されていると考えます。よく耳にするボディソープだと、洗浄力が強力なので脂分を過剰に取る結果とな...

「日に焼けてしまった!」と苦悩している人もお任せください。しかしながら、的を射たスキンケアを行なうことが必須です。でもそれより先に、保湿を忘るべからずです。「日本人というと、お風呂が大好きと見えて、長い時間入浴し過ぎたり、お肌を擦りすぎたりして乾燥肌の症状が現れてしまう人が想像以上に多い。」と言及しているドクターもいると聞いております。澄み渡った白い肌を保持するために、スキンケアに精を出している人...

スキンケアを実施することで、肌の各種のトラブルも防ぐことができますし、メイク映えのする透き通った素肌を自分自身のものにすることができるわけです。肌が乾燥することで、表皮層からも水分が消失してしまうと、角質がなかなか剥がれなくなり、厚くなってしまうのです。そうした状態に陥りますと、スキンケアをしたとしても、大事な成分は肌の中まで染み入ることは不可能なので、効果も薄いです。思春期ニキビの発症であるとか...